Search


Archives

2014年09月08日

佐橋佳幸30周年記念公演

昨日は昭和女子大 人見記念講堂でライブ見てきました。「佐橋佳幸(宿)芸能生活30周年記念公演〜東京城南音楽祭T.J.O〜三茶編」。

もうね、とにかくすごかったです。ゲストの面々たるや、そんじょそこらの音楽フェスに勝るとも劣らない豪華さ。ざっと有名どころをあげると、EPO、渡辺美里、佐野元春、スターダスト☆レビュー、小田和正、松たか子、大貫妙子、Char、仲井戸”CHABO”麗市、小坂忠、高橋幸宏って感じですからね。びっくりですよ。(あ、敬称は略です。)

前から4列目と言う素晴らしい席・・・だったのですが、まぁ、いつでもそんな時には前にでっかい人が来ますからね。あれ、なんなんでしょうね?なにもあんなにでっかい人来なくてもいいと思うんですよ(笑)。まぁ、誰も悪くないんですけどねぇ。でも、そんな事はもう気にならないほど素敵なライブでしたからね。いいんです。

ぴんきゅーとしては佐野元春、CHABO、Charの辺りに注目だなって思っていたんですが、今回感動だったのはCharのカッコ良さ!!何あの人?めっさカッコイイ。出てきただけでカッコよかった。そして、ギター弾いたらまたこれが音が全然違うんですよ!ほんっとカッコイイ!いやぁ・・・Charなんて多分小学生の頃から知ってますけど、もちろんカッコイイなって思ってもいましたけど、初めて生Charを見て、今さらながら惚れましたね。演奏聴きながらボーッと「東京オリンピックの開会式とか閉会式とかはCharに演奏してもらったらいいじゃないの!どこに出しても恥ずかしくないじゃないの!」と思っていました(笑)。「Shinin’ You, Shinin’ Day」とカバーの「Summer in the City(ボーカルはスターダスト☆レビューの根本要)」をやってくれたんですが、「Shinin’ You, Shinin’ Day」のコーラスは小田和正と松たか子と根本要でしたからね。なんなんだよ?って話ですよ(笑)。ギターソロのところではCharと佐橋佳幸がかけあってるのを小田和正がガン見していました。

それから、CHABO。それこそぴんきゅーは中学生の時からずっとRCサクセションが大好きでしたからね。ワクワクですよ。CHABOはNO NUKESでも見ているんですけども、今回の方が良かったな〜。超感動しました。まずはCCRの「Proud Mary」を日本語で。この時はCharも演奏に参加していました。すごいなー。MCで「今日、いろんな人がゲストに来てるけど、俺だけガラが悪いから・・・って思ってたんだけど、Charがいて良かったw」的な事を言ってました。2曲目は「いい事ばかりはありゃしない」。「サビのところ一緒に歌ってくれ」とCHABOに言われたので必死に歌いました。なんつーか、CHABOと清志郎は一緒になっちゃったんだなぁって感じがしました。泣けた。

今回初めて見た小田和正。透き通ってましたね。声。あの方何歳?びっくりしましたよ。こんな機会でもなければ生の小田和正とか見ないと思うんですが、歌が素晴らしく上手でした。多分CDと全く同じなんじゃないかな。CD持ってないからわからないけども。「たしかなこと」と「ラブ・ストーリーは突然に」。「ラブ・ストーリーは突然に」のイントロのチャカチャチャーン♪は佐橋佳幸が思い付いて難なく弾いて、って事らしいです。あの印象的なイントロ、日本中の誰もが知ってると言っても過言じゃないイントロ。すごいっす。プロの皆さまでもあれはなかなか生で弾くの難しいらしいのですが、佐橋佳幸は簡単に弾いちゃうんです。と散々持ち上げられたのに昨日はボリュームペダル踏むタイミングがずれちゃったようで若干消化不良(笑)。後でやり直しさせられていました(笑)。

他のゲストの皆さんも、本当に素晴らしかったです。17時スタート20時終了予定でしたが、20時45分ぐらいまでやってたと思いますが、そんなに時間が経ったとは思えず。なんだかあっという間でした。

この1ヶ月で、ワーハピ、レキシ、佐橋佳幸と3つのライブイベントがありましたが、それぞれ楽しかったです。今年はあと何回ライブ見れるかな〜?てか、自分達のライブもやりたいよにゃ〜(笑)。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Cat Tune にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form