Search


Archives

2014年08月21日

もう一度遺跡について考えてみよう

昨日は仕事を午前中で終え、レキシの武道館ライブに行って参りました。

レキシですよ、レキシ。去年のワーハピで初めて観て、そりゃあもう夢中になってしまったんです。そこから苦節1年(短)。ようやく再びレキシを観れるとあって、ぴんきゅー、大興奮でした。そして、期待に違わぬ素晴らしい大感激のライブでした。もう見どころがてんこ盛りなんですよ。詳しくはこちらのレビューを見ていただくのがいいかも。かなり細かく書いてくれています。ゲストもたくさんいましたよ。ぴんきゅー的には齋藤摩羅衛門(斉藤和義)がいないのが残念でしたが、レキシが「摩羅衛門の代わりに〜」と♪ずっと好きだった♪のサビの部分を歌ってくれました(笑)。尼ンダもチョーノリノリでみているだけでこっちがうれしくなってきちゃいましたよ。大体、尼の衣装が自前って何なんですかね(笑)?さらに「何なんですか?」って思ったのはセットの巨大ハニワ。2つあったんですが1つはレキシ、東インド貿易会社マン、百休が手作りしたって言うんですよ。武道館のステージ置くセットを作る出演者。これには工作員ぴんきゅーもびっくりでした(笑)。6時半開演でしたが若干遅れて始まり、終了が10時でした。終わったところでホリホリに「10時ですよ。」と言われ「は?ホリホリ何言ってんの?」って思ったらホントに10時でした(笑)。3時間20分ぐらいやってたんですよ。信じられない(笑)。あっという間に終わったのに。せいぜい2時間ぐらいな感じだったのに。

ま、とにかくチョーチョー楽しいライブでした。いやぁ、観れて良かった。これで心置きなく週末のイベントの準備が出来る・・・って、ヤバい、ヤバい。早くやっつけてしまわないと(笑)。

trackbacks

trackbackURL:

comments

comment form

(Cat Tune にはじめてコメントされる場合、不適切なコメントを防止するため、掲載前に管理者が内容を確認しています。適切なコメントと判断した場合コメントは直ちに表示されますので、再度コメントを投稿する必要はありません。)

comment form