2006年08月04日

CASIOPEA活動停止



日本フュージョン界(クロスオーバー?)の代表格バンドとも言うべきCASIOPEAが、8/1を持って「一切の活動を停止する」という発表をしてました。1979年のアルバムデビューから2006年まで、数度のメンバーチェンジを経つつも活動を続けてきただけに残念ですね・・・。

ボクとCASIOPEAの出会いは、実はYMOの1stアルバムの「帯」でした。当時、YMOとCASIOPEAは同じレーベルで、YMOもまだテクノなんて言われてなくて「フュージョン」扱いだった。で、その帯の裏に吉田美奈子や大村憲司に混ざってCASIOPEAの1stが掲載されていたんです。しかし実際の音を体験したのはもうちょっと後の"THUNDER LIVE"。どういうキッカケかは忘れちゃったんだけど、とにかくこのライブ盤を聴かされて、非常に困惑したのを覚えてる(笑)。YMOで所謂「インスト」には慣れていたんだけど、当時は「どの音」を聞けばいいのか良く分からなかった。更にその数年後、再びライブ盤である"MINT JAMS"を同級生からの強烈なプッシュで「嫌々」聴かされたんだけど、自分が成長したのか、音楽の聴き方が分かってきたのか、スゴく感動したんですよね。そして更に音がスゴく良かったんですよね、このアルバム。今聴くと、若干ハイが持ち上げられすぎでイヤミな感じもするんだけど、それが当時はメチャクチャ「ハイファイ」に聞こえたんですよね(笑)。「生演奏録音」でこの音質。しかもオーバーダブも無しときちゃ(後に若干のエディットはされていた事が判明)、当時エレキベースに精進していたボクには格好のお手本に(笑)。その後は毎年のようにライブに足を運び、食い入るように聴いてはコピーをし挫折する、の繰り返しだったなぁ。

1989年にMy師匠だったベースの櫻井哲夫氏とドラムの神保彰氏が脱退した後も、ナルチョが加入すると共に変化する音楽性に違和感を覚えてからは暫く聴かなかったんですが、20周年や25周年の節目にはライブには行かなかったけど、しっかりDVDを購入し大興奮してたんですが・・・。今回の活動停止がイコール解散なんて事にならなきゃいいんだけどね。またきっと復活してくれる事を信じて待ちます。その時は絶対にライブに行きます!(笑)。

投稿者 yskz : 23:31