2006年06月26日

夏のプレジャー・ライブ

先週の土曜日は、毎年恒例のプレジャー・ライブに参加してきました。昨年冬に引き続き、残念ながらduB-ROckとしては不参加。その代わり、他出演バンドの方々とのコラボレーションに加わりまして、ドカーンと盛り上がって参りましたよ。

いやぁ、今回もスゴかった。6時間以上にわたるイベントでしたから、最後の方はみんなヘトヘトでした(笑)。それでも大トリを勤めた「マルタ」の演奏はすげー良かったです。うん、今回のマルタはスゴく良かった(笑)。っつーか、今回出演したバンド、全部良かった。
「マルタ」と共にプレジャーを引っ張ってきた「タッキ〜」率いる「フレーミング・パイ摩耶バンド」からスタート。内外問わずの名曲をタッキ〜風の香ばしい「ネタ」で振る舞うその様は、最早誰にも立ち入ることの出来ない領域です。メンバーも出来る限り固定して、ネタの精度が上がると良いのになぁと思いました(笑)。
プレジャー初登場となった「スコーリー」さんはポップさと激しさを兼ね備えながらも、とてもキュートでした。これからが楽しみです。ボーカル「ユッピー」さんのブログも発見!。
久々登場の「大明神」率いる「Z-KIP」さん。楽曲の「大明神節」は健在だけど、アレンジがかなりシンプルになった気がしました。むしろこれはボク個人的には好感触です。最早「元VIXX」という肩書きは必要ないでしょう。
ビートルズリスペクトバンド「The Helmets」さんも相変わらずの楽しさ炸裂。キーボードの「平十度」氏の固定ファン(笑)のはしゃぎっぷりも相まって、しっかり盛り上げてくれるのは流石。
後半に登場の「MEME」さんも「Oilman Brothers」さんも共に演奏の安定度・完成度高いですし、相変わらず聴き惚れてしまう。「MEME」さんはね、今回は特にリズム隊の完成度が高かったと思います。もちろんそれに、これまたすげぇギタリストとステキなキーボーディスト(笑)が絡まってこそのアンサンブルなのは言うまでもないです。勉強になるです。
「Oilman」さんはねぇ、演奏クオリティが高い上に、更に「聴き手」の事をよく考えているバンドです。レパートリーの多さと、それに応じたバンド全体の表現力がないと出来ないステージを見せつけてくれます。毎回観る度に「しっかり聴こう」と思うんですけど、気がつくとノリノリになっちゃうんですよね。最終的に「楽しませられちゃう」ので完敗です(笑)。

で、問題のコラボコーナー。ボクとtuttiはプレジャー女子部のユニット「Honey Pop」のバッキングを勤め、ぴんきゅーはそのHoney〜も含め「GUNSチーム」のメインボーカルを取ったりしてね、まぁそこまでは「普通」の流れなんですが・・・・。まぁ、ここにも書かれているように、ボクが何故かボーカリストとなり2曲を歌うという珍事が起こりまして・・・(笑)。歌ったのはビリー・ジョエルの名曲「Stranger」と「ガラスのニューヨーク」。なんつーかね。「好き」だけじゃ歌っちゃダメでっすよ。ひっそりと録音したテイクを聴きましたが、もうね、ボクがバンマスなら即クビですよ(笑)。勿論、手伝ってくれたメンバーの演奏は最高ですよ。そこだけはハッキリ書いておきます。でもね、緊張したけど楽しかったです。正直、こういう機会がなきゃ出来ないことだったし、ボーカリストとしての視点も体感したしで良い経験になったと思います。なによりこういう機会を与えてくれたマルタのみなさんと、こんなボクの為に曲を合わせてくれたメンバーのみなさんには大感謝なんです。それと本番のMCで「ビリー越谷とオージー・ビーフ」というバンド名を勝手に命名して失笑を買い、演奏のテンションを一気に下げた事は大いに反省しています。ホントごめんねぇ。まぁ、こんな珍事は二度と起こらないでしょうし、ある意味レアなライブになったでしょうか(笑)。あの瞬間を「共有」した方の記憶の片隅に、ひっそりと残ってくれれば幸いです。
あ、それとGUNSチームなんですが、あれ意外と良かったんだよなー。トビちゃんのドラムは勿論ですけど、ギタリスト2人(Slash平野っちとイジーてつづ)の絡みがスリリング。もっとリハに時間があったらかなり面白くなる予感バシバシ。このチーム、もうちょっと見てみたい(やってみたい)気がする(笑)。ぴんきゅー嬢復活の暁に再集合出来るといいかも(笑)。

そういうわけで、夏のお楽しみも一つ終わっちゃったんですよ。この次は冬。その時までにduB-ROckが完全復活出来ていたら嬉しいぞ。とりあえず、参加したみなさんお疲れ様でした。また会いましょう。

投稿者 yskz : 23:29 | コメント (2)

コメント

ビリー&ダフ(キモくない方)&キューティーハニーのバック、と、大活躍でお疲れっした! カッコいかったよ!
ストレンジャーで感涙してたおじさんもいたみたいだし。

ビリーに最後の試練を与えたのは、キモいダフですからねっ。
イジメに負けず、是非次もやったれ~!
あ、GUNSチームは、みんなまたやる気です(笑)

投稿者 コラボで力尽きたディジー : 2006年06月27日 18:48

どもども。
Strangerで感涙って、違った意味じゃなかったらいいなぁw
まぁ、次は無いでしょ流石に(;´Д`)ハァハァ
めぎゅデジーの活躍も目に見張るものがありましたよ。
流石です!

GUNSチームはいろんな意味でもう一回やってみたいねぇ。
November Rainとか、どうよ?。>デジー大活躍!

投稿者 yskz : 2006年06月28日 00:09