2006年06月08日

高橋幸宏、過去の映像作品がDVDに!



ああっ!。この日が来るのを何年待ちわびたことでしょう・・・・。高橋幸宏の80年代の映像作品がDVDになるのです!。ああっ!。今回リリースされるのは、1983年の渋谷公会堂でのソロツアーを収めた"高橋幸宏ライブ 1983 ボーイズ ウィル ビー ボーイズ"と、シュールな笑いと1984年のソロツアー映像を収めた"新青年"

「ボーイズ〜」は"薔薇色の明日"リリース後のツアーからで、この時点で幸宏自身2度目のソロツアーでした。ツアーメンバーは、立花ハジメ、鈴木慶一(ムーンライダース)、ドラムに当時人気絶好調だったABCのドラマー、デビッド・パーマー。そしてギターにビル・ネルソン!。彼のE-BOWプレイが堪能できます。この作品、当時はビデオ(beta)で持ってました。それから観てないですから23年ぶりか(笑)。それと「蜉蝣」という名曲が入ってますが、その映像のみボクが観に行った箱根の野外ライブから。ゲストに細野さんが出てます。因みにその野外、RCサクセションとのダブルヘッダーライブでした。同時にレコードで出た同時期のライブ盤"tIME aND Place"も復刻です。

「新青年」は一言で言うと「変」なビデオ作品で、YMOメンバー総出演の「高橋幸宏物語」(ストーリーはフィクション。メンバーそれぞれが「誰が貧乏だったか」を証言する下りは笑える)や高野文子の漫画をそのまんま映像に置き換えた作品など、ちょっと取っつきにくいビデオだったなぁ。ただ、合間に挿入されるライブ映像は貴重で、"WILD&MOODY"からの楽曲が堪能できます。

まぁ、とにかく嬉しいです。正座して観ます(笑)。後はポニーキャニオン時代のライブ作品が出てくれたらいうこと無いかな・・。

投稿者 yskz : 23:49