2006年03月14日

JAPAN、英国でベスト盤リリース

デビッド・シルヴィアン率いるJAPANのベスト盤"The Very Best of"がリリース。うーん、ジャケットがカッコいい・・・。

大好きでした、JAPAN。デビュー当時はイギリス本土では全く相手にされなかったのですが、日本では彼らの耽美な容姿が話題となり人気となってました。デビュー盤から2ndまでの音楽性はグラムを基調としたロックですが、3rdの"クワイエット・ライフ"からエレクトロニクスを全面に押し出し独特な世界を構築する事に成功、イギリスでも認められるバンドに成長していきました。その影響か、このベスト盤も3rdからラストアルバムであり最高傑作"Tin Drum"までの楽曲で構成されています。ただ、主にシングルヴァージョンやライブ、リミックスでの収録となっていて、ベスト盤というよりレア・トラックスといった印象。

ボク的に嬉しいのは、同時にリリースされる同ベストのDVD版。代表曲7曲のプロモビデオの他に、83年にビデオ/LDでリリースされたラストツアー映像「Oil On Campus」が収録されている事。収録曲は既発ビデオと同内容みたいですが、このツアーにはギタリストとして土屋昌巳(一風堂)が参加して話題になりました。あぁ、見たい!。しかし悲しい事に日本版発売の予定はなさそう。輸入盤でもいいんだけどPALなんだろうなぁ・・・。再生できるDVDプレーヤ持ってないんだよね・・・。まぁ最悪Macで見ればいいんだけどね・・・。

JAPAN関連作3タイトル、3月に英国で発売に [CDJournal.com news]

投稿者 yskz : 23:23