2006年02月24日

MacBook Proの使用感 〜 とりあえず編

やっと届いたMacBook Pro。昨日は嬉しくて色々弄り倒したかったんだけど、今日も仕事だし、そもそもちょっと早起きしてフィギアを見たりしなくちゃならなかったので早々に就寝。いやぁ荒川さん、ホントに良かったね!。金メダル素晴らしい。

で、今日一日使ってみた感想。そもそもPowerBook G4の環境を丸ごと移行しているので、全くなんの違和感もなく使用しています(当たり前ですけどね)。気を抜いていると新しいMacだと言うことも意識しなくなる(笑)。ただやっぱり一つ一つの動作はかなり機敏で、PowerBookを使用している感覚でいるとボク自身が追いつけない感じ?。電源投入してから使用準備完了するまでの速さ、Mail起動が一瞬、Webアクセスも然り。「あぁ、もう戻れないなぁ」と実感。

それと、Rosettaに対する感想。現時点でIntel Macに最適化(Universal Binary)されていないアプリが殆どを占める状況だし、やっぱりRosettaに対する不安はかなりあったんです。しかし、今日一日使用したレベルですがRosettaを全然意識しませんでした。もちろん、ATOK等システムレベルに近いツールが動かないのは仕方ないとしても、通常のPowerPCアプリや各種ユーティリティはかなり普通に動いています。MacOSをわざわざエミュレーションしていた「Classic」とは違い、それを意識せずとも(あるレベルまでは)普通に使えることって、今回のようにハードウェアの劇的な移行時に於ては凄く重要なことだと思います。そもそもボクの場合、G4/800MHzからの乗り換えなので体感効果は大きいんでしょうけどね(笑)。ボクのように2世代前辺りの機種をお使いの方が乗り換える分には、かなり価値があるのではないかと思います。もちろん今後使い続けるわけですから、少しずつこの速さにも慣れRosettaの動作にストレスを感じ、新機種が出るたびに「いいなぁ」という気持ちになるのでしょうねぇ(笑)。でもしばらくはハッピーな気分ですよ、もちろん。

さぁて、とりあえずGarageBandを使って曲をガンガン書いていこうと思ってます。今後も少しずつ気がついたこと書いていきますね。

投稿者 yskz : 23:45