2006年01月30日

DURAN DURAN / LIVE FROM LONDON DVD



オリジナルメンバーで復活を遂げてから2年あまり。昨年5月のUKツアーからウェンブリー・スタジアムでの模様がDVD"ライヴ・フロム・ロンドン"としてリリースされてます(ダイジェストなCD付き)。

2003年の来日ツアーは当時BSで放送されましたし、完全収録なCDも入手して聞き込みました。今DVDも収録曲としてはほど変わりませんから新鮮味には欠けるだろうし、それ程過剰な期待もせず鑑賞し始めましたが・・・・。うむ?。ウムムムム・・・?。ちょっとちょっと!、随分「DURAN DURANらしく」なってるじゃない?(笑)。本人なんだから当たり前なんですけども、演奏の安定感やノリは来日時のそれとは違います。カッコいいです。それに「見た目」もそれなりに頑張ってて、それ程痛々しくありません(笑)。むしろ来日時よりは確実に老けているんですが、特にボーカルのサイモンは許せる範疇に入ってます(笑)。まぁ、かなりフォトジェニックなバンドでしたしね、老けたら辛いのは承知なんですが、楽曲の良さと前述の演奏クオリティの高さも相まって、間延びすることなく最後まで楽しめる内容でした。

DVDのライナーにも書いてありますが、DURAN DURANって解散した事はないんですよね。85年のピーク以降、メンバーの確執・脱退というダメージを受けつつも90年代を乗り切ってここまで来てるんですよね。ライブでは90年代にヒットした名曲「オーディナリー・ワールドOrdinary World」や「カム・アンダーンCome Undone」は勿論、86年のアンディ、ロジャー脱退後の「ノートリアスNotorious」をこの5人が演奏しています。しかも昔から演奏してたかのように違和感もなく、しっかり聴かせてくれます。これは、この5人での活動を望んでいたファンにとって嬉しい事ですね。

復活後の新作"Astronaut"もなかなかいいアルバムでしたが、彼らならもっと出来る筈!(笑)。次の新作を大いに期待しています!。

投稿者 yskz : 22:33