2004年10月04日

姫神の星吉昭さん、逝く・・

シンセサイザー奏者、姫神さんが死去

みなさんは「姫神せんせいしょん」というバンドを知ってますでしょうか?。1981年にアルバム「奥の細道」でデビュー。その後、中心人物の星吉昭氏のソロとなり、名称も「姫神」となりました。「姫神」名義になった後の方が、色んな意味で活躍が目立ったと思います。ボクが初めて姫神の音楽に触れたのは、ラジオのオールナイトニッポンでした。番組中、CMを挟むインターバルで「奥の細道」の楽曲が数曲使われていたのです。兎に角シンセを前面に押し出した音楽に目がなかったボクは、とても興味を持ちました。わざわざニッポン放送に電話して調べたんだったよなぁ(笑)。非常に日本的な旋律をシンセ特有の音色で奏でられたサウンドは、当時色んな事情で行くことの出来なかった東北地方への郷愁を思い起こされたものでした。「喜多郎」の大きな意味での「アジア」よりも「日本」。更に「東北」という部分がとても心を打ったのでした。特に、初期3作(奥の細道、遠野、姫神)は大好きで、成人し電車で田舎に帰るときは必ずウォークマンで持って行きましたね。そんな中心人物だった、星吉昭氏が心不全でお亡くなりになりました・・。色んな意味で、当時「荒み気味」だったボクを救ってくれたのは、間違いなく「姫神せんせいしょん」の音楽でした。これからも大切に聴いていきます。星氏のご冥福を心よりお祈りします。

amazonで姫神を探す

投稿者 yskz : 23:51