2003年09月28日

いま蘇るパンダ伝説:わが生涯に一片の悔い無し!

「 弟達よ。今まで黙っていたことがある。兄はパンダと双子だったのだ・・・もし私が斃れることがあったなら、大連にある自然動物園に行くのだ。奥義の 秘伝書はそこにある。 」 って、わかりやすい服装でしょ>げおげ。これでもyskzくんに気を使って、頭を光らせまちた*

投稿者 : 00:27 | コメント (8)

コメント

うわぁ!!すごい!これはすごい!

投稿者 ぴんきゅー : 2003年09月28日 01:57

おーまい、大熊猫!
奥義の秘伝書は見つかったのか・・・?

げおげの長男の名は「ケンシロー」だ!

投稿者 げおげ : 2003年09月28日 08:08

↑本当ですか>げおげ
虎さえも死を覚悟したんすか?
やはり、ケンシローの兄は、
血がつながっていないのれすね。

投稿者 あらえびす : 2003年09月29日 01:39

3兄弟は4兄弟だった。
てことでしょうか。
          from義妹

投稿者 nyao : 2003年09月29日 08:00

格闘家の角田氏は、長男が「ケンシロー」長女が「ユリア」だそうです。
げおげの息子は「賢士郎」と書きます。
娘はさすがに「百合亜」とは命名できませんでしたね!
少年ジャンプの読みすぎでした・・・。
親として反省しています。

投稿者 げおげ : 2003年09月29日 12:45

今、思い出したけど、ぴんきゅーの友だちの息子も
「北斗」という名前を付けられていました(笑)。

投稿者 ぴんきゅー : 2003年09月30日 20:26

北斗家は兄弟やら従姉妹やら、
わらわらしてますよね。
何人の血がつながっているやら>義妹

投稿者 あらえびす : 2003年09月30日 22:46

どっ、どっちがあらえびす様じゃ!

投稿者 中納言 : 2003年10月02日 23:25